Mimi Diario

ワーホリビザでスペインにノリと勢いで来ちゃった日本人の日記です。

今週のお題「平成最後の夏」に答えてみる

スポンサーリンク

平成最後の夏・・・

スペインにいるので、平成が今年で完結してしまうことに対しての本当に実感がない。ツイッターで何度も平成最後の〜〜とみるけどなかなか。

いやでも、もう平成30年。。。

私は平成9年の12月生まれ。よく「よっ!平成一桁!!」と言われる。まだまだ20年しか人生経験がないけど、「平成」という一つの時代が終わってしまうのは、「ああ。やっぱり時間は刻々と経っているんだなぁ。生きているんだなぁ」と20歳のガキなりに感じたりするものです。(笑)

 

ちなみに

去年と一昨年の夏は何をしてたかというと、夏休み限定のテーマパークのアルバイトスタッフとしてひたすら働いていました。寮で泊まり込み。お盆は帰ったりしましたが(一番人が足りない時期に帰る最低なバイトスタッフです)本当にひたすら。ここ2年はそんな生活だったので、夏といえば稼ぎどき!というイメージでした。

さあ、本題。

平成最後の夏、私はスペインで暮らしました。自分の人生の中で大きな挑戦でした。ここまで、異国で暮らすこと、親元を離れて暮らすことが、これまでに大変なものだと思っていませんでした。まだまだ浅い人生経験しかなくて、関係各所に色々反抗してしまうこともあったし、やりたい放題してる部分もありすぎてるけど。

この夏今まで生きて来た中で1番、いろんな国籍、肌の色、価値観を持つ人いろんな人達と出会いました。みんな私よりも年上で、いろんな経験を経た立派な人だらけ。

自分の力不足をたくさん感じて、ひたすら劣等感に打ちひしがれて、「本当に自分ってなんでもない人間なんだな」って結構凹みました。

自分の力不足をどこまで改善できるかは、これからもずっと向き合うべき課題だろうな。スペイン語に関しては、ぼちぼち成長を感じる部分があるので置いておいて、一人で暮らせる力と、コミュニケーション能力は、これから努力で補える部分だけでも補いたい。とりあえず家に出よう!とか、meetup行こうとか、いろいろ模索中。

平成最後とか関係なく(本末転倒)ばかになってスペインをエンジョイしてやる〜〜〜!!

 

今週のお題「#平成最後の夏」