Mimi Diario

ワーホリビザでスペインにノリと勢いで来ちゃった日本人の日記です。

ビルバオで夏季限定の料理教室に通ってみました。

スポンサーリンク

こんにちは。mimiです。セビージャからビルバオに引っ越して来て、もう2ヶ月。月日の流れの早さに驚きが隠せません。私がビルバオに引っ越した詳しい経緯についてはこちらをご覧ください。 

www.norteporte.xyz

8月末の更新になってしまいましたが、7月と8月前半は料理教室に通っていました。ということで今回は料理教室のことについて、話してみたいと思います。

その前に・・・

私は一切料理ができませんでした。(笑) 

ワーホリビザで自分探しをするために来たのにもかかわらず何もすることがなく、「料理教室に通ってみたら?」と提案してもらい、ふら〜っと始めました。なので料理人を目指しているというわけでは全くないです。食べる方が好きです。。

料理教室の詳細

私の通っていた料理教室は、こちら。

Aingeru etxebarria Escuela de Cocina

www.aingeruetxebarria.com

校長の名前であるAingeru(アインゲル)から、つけられたアインゲル料理教室。ここで私は1から、料理を学びました。

教室の外観はこんな感じ。ドアがガラス張りになっていて外からでも見学可能。(笑)実際に結構な人数の通行人が立ち止まって、じ〜〜っと中を見ていました(笑)

f:id:NORTE:20180829040615j:plain

教室の中もご紹介。

たくさんの調味料が揃っています。中にはわさびパウダーといった珍しいものも。

f:id:NORTE:20180829040923j:plain

肝心のキッチンの写真がどうしても見つからないので、公式サイトの写真から失礼します。ここは入ってすぐの一階のキッチン。奥に階段があり、地下2階まで教室があります。

f:id:NORTE:20180829065739p:plain

そして壁にはたくさんの賞状。左に少し写っているのが、校長アインゲルです。少しブレてます。すみません。

f:id:NORTE:20180829050527j:plain

余談ですが実はアインゲル、「ASTOBIZA」というチャコリ(バスク特産のワイン)のイベントのために、日本に来たことがあります。その時のエプロン。

f:id:NORTE:20180829055650j:plain

夏期講習の詳細(2018年版)

f:id:NORTE:20180829053104p:plain

こちらは2018年版の公式サイトのスクリーンショットです。和訳しますね。

時間:月曜〜金曜/16:00~19:00

日程:6月25日〜29日・7月2日〜31日・8月1日〜17日(15日は祝日)

1日あたりの受講料:25ユーロ

少なくとも1週間の受講をお勧めします。

ちなみに、最低一週間と記載はありますが、実際には1日から受講もできます。入学金も登録料も一切かからないので気軽に受けてみることができます。

私は学校には週5日の毎日ではなく、火曜日と木曜日の週2日で通っていました。そういった感じで自分の来たい日だけで設定することも、もちろん可能。柔軟に対応していただけます。ちなみに、受講者の多くはバケーションで来てる人なので、1週間ぶっ通しで受講してましたね。

授業は?

授業は基本的にスペイン語で行われます。授業前にレシピが渡され、そのレシピにそって授業が進んで行きます。ちなみに、英語も対応はしているのですが、やはりここはビルバオ。ほとんどの受講者はスペイン語での授業を望んでいますし、スペイン語の後に英語を話すと作業効率も落ちてしまうので・・・あまりおすすめしないです。要相談といった感じでしょうか。

基本は二人組で、料理を作って行きます。人数や料理次第で、四人組になったり、個人作業になったりもしますが、その時次第です。

料理の一例

f:id:NORTE:20180829055301j:plain

f:id:NORTE:20180829055353j:plain

f:id:NORTE:20180829055412j:plain

f:id:NORTE:20180829055427j:plain

スペイン料理の日もあれば、他の国の料理を作る日もあります。基本的には料理は事前に決まっているので、こだわりがあるのならば、事前に要確認です。あとは、デザートを作る日もあります。

私の受講した日はなぜかパエリア率が高かったので、ラッキー!と、いつも思っていました。(笑)ちなみに、作った料理はタッパーに入れて持って帰ることができます。タッパーは自分で用意してください。何品か作るので、多めに持っていくと◎です。

通ってみた感想

私は合計7回授業を受けました。包丁も子供用の包丁しか使えないほど、料理をしてこなかった私ですが、講師の皆さんは嫌がることもなく、優しく笑顔で教えてくれました。おかげで、料理に対しての苦手意識は確実に減りました。帰ったら家族や祖父母に振る舞いたいなぁ。それだけで私の7日間は有意義だったと言えます。

あとは、シンプルにスペイン語が鍛えられました。まわりはネイティブばかりで、周りの話す話題についていけず、そして先生の話す内容を理解するのに時間がかかってしまい、最初は本当に頭がパンク状態でした。ですが少しずつ周りと打ち解けて来たこともあり、話題にも入れるようになりました。完全じゃなくて本当に少しだけですが・・・。今後の大きな課題を見つけられました。

最後に

私のビルバオ移住の大きな目的だった料理学校ですが、本当に楽しかったです!日本じゃなかなかできない経験なおかつ、語学学校とは違った「スペイン語を使って」何か新しいことを学ぶことの難しさも自分の身で知ることができました。みんなのスペイン語は容赦ない(笑)

みなさんも夏にビルバオに訪れる機会があれば、ぜひ1日料理体験はいかがでしょうか。ここまで読んでいただきありがとうございました。

twitter.com

www.instagram.com