Mimi Diario

ワーホリビザでスペインにノリと勢いで来ちゃった日本人の日記です。

秋のアランフェス <マドリードから半日観光>

スポンサーリンク

こんにちは!Mimiです。

おそらく1月末の帰国に向けて、スペイン国内はもちろんスペイン国外を出て、旅行をたくさんしようと企んでいます。というわけで、当分は旅ブログになりそうな予感がしています。

今回ご紹介するのは、マドリード郊外の小さな町アランフェス。(Arranjuez)

アランフェスってどこ?

マドリードからは48km離れている町。電車で簡単に日帰り観光できますが、まだ日本人には知名度は低いです。

f:id:NORTE:20181128075855p:plain

アランフェスへのアクセス

スペイン国鉄RENFEの近郊線C3線で、行くことができます。線路図の紫の線の終点がアランフェス(Aranjuez)駅です。ソル駅からは50分ほどで行くことができ、運行間隔は曜日や時期によって変動する可能性がありますが、20分間隔です。乗り換えも不要ですので安心です。

f:id:NORTE:20181128080634p:plain

http://www.espormadrid.es/2017/05/refuerzo-del-servicio-de-renfe.html

何があるの?

アランフェス王宮(Palacio Real de Aranjuez)

世界遺産にも登録されている王宮。アランフェス駅から徒歩25分ほど。敷地はとても広く、庭園も含めると全て回ろうとすれば2時間〜3時間ほどかかるかなと思います。

この写真は王宮の外から撮った写真ですが、ずっしりと横に広がっています。(奥にももちろん広いです)「スペインらしい建物だな」と、個人的には感じました。

f:id:NORTE:20181128081848j:plain

王宮内は写真撮影ができませんでしたが、ロビー(?)は、写真撮影可能でした。肝心の王宮は、いろいろな趣向を凝らした部屋があり、見ていて全く飽きが来ず、「次はどんな部屋かな??」とワクワクしながら回っていました。学生料金の4ユーロで、ここまでのクオリティ!と大満足でした。

f:id:NORTE:20181128082004j:plain

料金

一般:9ユーロ

学生・65歳以上:4ユーロ

でした。この自動券売機で各自購入です。券売機は見る限りカード決済のみですが、現金でもおそらく可能だと思います。(カードで決済したのでわかりませんが)

チケット購入後に、荷物検査があり、リュック等の大きな荷物を持っている人はロッカーに預けるという形です。マドリードの王宮と同じ形ですね。

あとオーディオガイドの貸し出しもありました。3ユーロほどだったかと思います。日本語があったかは覚えていません。すみません。王宮の部屋にそれぞれスペイン語と英語の説明があるので私的にはオーディオは必要ないかなと思います。

f:id:NORTE:20181128082133j:plain

庭園内

行った日が秋真っ盛りで、紅葉も共に、見ることができました。

f:id:NORTE:20181128083023j:plain

最後に

アランフェスへは日曜日に行ったにもかかわらず、観光客もそこまでいなく、落ち着いて観光することができました。個人的にはマドリードの王宮よりもアランフェスの王宮が好きでした。

ですが、アランフェスの観光でいうと、王宮以外に見所はあまりないので、王宮が見終われば速攻で観光終了です。笑 なので朝一番から張り切って来る必要はないかと思います。(私的には半日で十分です)

ぜひマドリードから半日使って、アランフェスに行ってみてください。個人的にはトレドに匹敵するほど満足度の高い観光地でした。さぞ日本人が大好きそうな町です。(笑)

twitter.com