Mimi Diario

ワーホリビザでスペインにノリと勢いで来ちゃった日本人の日記です。

ドンキホーテの風車「カンポデクリプターナ」へのアクセス(電車)

スポンサーリンク

こんにちは!Mimiです。

今回は以前から目をつけていた、スペインの小説『ドン・キホーテ』で、主人公ドン・キホーテが “風車を、巨人と勘違いし突撃した” という有名な場面のモデルになったいわれている風車を見に行って来ました。

その前に

実はそのドン・キホーテの風車、二つの候補があるんです。

①Campo de Criptana(カンポデクリプタナ)

②Consuegra(コンスエグラ)

もちろんどちらもカスティーリャ・ラ・マンチャ州にあります。ですが①の方が有力と言われています。理由の一つは、①の北東20km先にドン・キホーテの憧れであったヒロイン「ドゥルシネーア」が住んでいたとされる「エル・トボーソ村」があるから。

というわけで、①の方に行ってまいりました。

アクセス(マドリードから電車)

アクセスはあまり良くないので、基本的に車で行く人が大半ですが、電車で行く選択肢もあります。このブログでは電車と徒歩でのアクセス方法を紹介します。

2018年9月現在、マドリード(チャマルティン駅・アトーチャ駅)↔︎Campo de Criptana 間の直行便は平日土日どちらも1日2本

直行便以外は、1駅手前のAlcazar de San Juan駅(アルカサルデサンフアン駅)で乗り換えが必要です。

切符を購入

前日にアトーチャ駅で切符を買いました。Cercanías(近郊線)の改札から近いチケット売り場は当日券のみなので、そこから少し歩いた植物が生い茂っている有名なエリアの近くのチケット売り場へ。(写真右らへんです)

f:id:NORTE:20180918031845j:plain

そして購入完了。チケット売り場のお姉さんが、めちゃくちゃ早口だったので「¿Puedes escribir?」とお願いし、紙に電車の時間を書いてもらいました。とにかく慎重に時間と、Directo(直行)なのかCambiar(乗り換え)なのかを何度も確認。

Ida y Vuelta(往復)チケットを購入しました。往路がMD(中距離)の指定席で12.85ユーロ。復路は少し特殊な電車で自由席の模様。なので少し安い10.90ユーロ。Cocheが号車でPlazaが席番号です。赤線部分。

f:id:NORTE:20180918032756j:plain

当日 アトーチャ駅

チケット売り場のお姉さんは「Cercanías(近郊線)の改札ね!」と言いましたが、なんか違う気がする・・・。予感的中。私の乗る電車は、MD(中距離線)だったので、Cercaníasの近くの、若干影の薄いこのMDの専用改札から入りました。

とはいっても日や電車によって改札は違う可能性があるので、早めに到着して自身でしっかり確認してください。(私はチケットに(チケットの写真の二重線部分に、MDと記載されていたので、わかりました!)f:id:NORTE:20180918033613j:plain

そして改札に入ってからですが、電車が何番のVía(乗り場)なのか確定するのが、とにかくギリギリです。見逃し注意。そしてそれらしき電車が来たら、しっかり確認して、とりあえず乗り込みましょう。

カンポデクリプターナ駅到着

電車に揺られて1時間40分。「え??ここ?」と疑ってしまうほど小さい駅。とはいってもちゃんと屋内の待合室もあるし、(優しい)駅員さんもいて、トイレもすごく清潔。風車まではこの駅から徒歩30分。駅員さんに地図をもらい、人通りのない道をただひたすら歩きました。

f:id:NORTE:20180918055341j:plain

村のいたるところにドン・キホーテがいて、気分が上がってきます。この像まで来るのに15〜20分ほど。ここからは山道に入るので、少し坂がきつくなります。

f:id:NORTE:20180918055749j:plain

ついに風車到着!

到着した時は鳥肌が止まりませんでした。本当に迫力がありました。そして「本当に私は今スペインにいるんだな」と改めて感じさせられました。現在は風車は稼働していないものの、そこにあるだけでいい。存在感は抜群です。f:id:NORTE:20180918055934j:plain

風車は全部で10基。それぞれの風車には、違った名前がつけられています。

ちなみに風車の中を見学できるガイドツアーがあるみたいです。私が行った日は日曜日。しかも到着は17時ごろだったので、インフォメーションらしき場所も閉まっていて、なすすべなく撃沈。皆さんは是非。。。加えてお土産屋さんらしきものも見当たりませんでした。なのでレストランで飲み物一杯だけ飲んであとは、ぼ〜〜っ。

f:id:NORTE:20180918060828j:plain

適当に散歩

駅の方向に適当に向かいながら、村を散策。本当に観光客は歩いていないし、すれ違うのは軽装の地元の人ばっかり。通りかかった入館無料の美術館に入ったり、マヨール広場のバルで少しまったりしたりしました。そして電車出発30分前ほどに駅に着き、ぼ〜〜っ。

f:id:NORTE:20180918061211j:plain

帰路につく

滞在4時間。小さい村ということは知っていたので、「滞在はこれくらいでいいや。」と切符を買う前から考えていましたが、本当にちょうどよかったです。 帰りの電車は日曜のマドリード行き最終電車とあって、スーツケースを持った帰省していただろう学生が多くいました。

f:id:NORTE:20180918061510j:plain

最後に

電車に乗っていた時間が3時間ちょっと。カンポデクリプターナ滞在が4時間。7時間くらいの旅でした。あまり旅行記やアクセス方法の情報が少なく、行きたいけど勇気が出ませんでした。ですが、実際行ってみるとドン・キホーテのことを知っている人はもちろん、知らない人でも心が動かされる絶景が待っていました。

あと、風車まで歩いていた時に、バルで飲んでいたスペイン人グループ(家族かも)が、からかいではなく純粋にHolaと声をかけてくれたり。(ようこそ!みたいな意味合いかな)人の温かみも感じました。行ってよかったと、心から思います。

このブログが少しでも参考になれば嬉しいです。ここまで読んでいただきありがとうございました。

twitter.com